ブログ

夏の全国高校野球

22.08.18

今年も夏の全国高校野球が8月6日に開幕され、仙台育英高校の優勝で閉幕しました。

 

私は、甲子園出場やプロ野球選手になる事を夢見て小学校から野球を始めました。夢はかないませんでしたが、そんな学生時代を過ごしたこともあって、毎年行われる春・夏の高校野球を予選からテレビで観ています。コロナ禍になる前には、毎年阪神甲子園球場に足を運んでいたほど、高校野球が好きです。試合はもちろんのこと、なんといっても、応援の雰囲気が好きで、毎回鳥肌が立つほどです。ブラスバンド使用した各学校の応援は、どの高校もそれぞれ違い、そこもまた、高校野球の魅力の1つだと思います。

妻とも結婚前、何度か甲子園に一緒に観戦に行きましたが、野球に全く興味がない妻でも、各高校の応援を含め、高校野球特有のゲームセットまで何が起きるか分からないドラマがある試合を観戦して、感動し、今では僕の影響か少しは興味を持つようになったようです。

 

我が家には、子供が3人います。内2人が男の子なので、僕の夢としては、野球をしてもらい、甲子園の舞台で息子達が躍動する姿を応援するのが今の夢です(笑)まだ、1歳と4歳なので、そこまで野球には興味はなかったのですが、最近では、4歳の息子が、テレビで野球がかかっていると、「パパ野球しよるで。」や家の外で遊ぶ際、「パパボール投げて。打つきん」と少し興味を持ち出したようで、休みの日には家の庭で僕がピッチャーで、息子がバッターで、野球ごっこをして遊んでいます。

 

息子たちには野球にもっと興味を持ってもらい、自分から野球をしたいと思ってもらえるよう、休日の遊びの野球ごっこも含め、コロナウイルスが落ち着いたら、高校野球やプロ野球観戦に連れて行って洗脳しよう思っています(笑)

 

最後に、今回の出場校も、コロナウイルスの集団感染で、メンバーの大幅の入れ替えがあったりと悔しい思いをされた球児もたくさんいたようです。それでも、今ある環境・メンバーで戦った高校球児をテレビの前からではありますが応援しました。

 

青春の1ページを悔いのないように過ごせる日常が戻ってきますよう、猛威をふるっているコロナウイルスの終息を心から願っています。